twitter Twitter not configured gradient

【コスト削減ナビ】でビジネスホン代を節約しよう

経費削減が合言葉になっている世の中。職場でも出来る限り無駄を無くして経費を削減しようという意識が高まっているのではないでしょうか。


結構色々頑張っているけれど、もっと他に出来ることはないだろうか、と検討中の企業にオススメなのが「ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ(http://morrisdeesaward.com/)」です。

こちらは中古のビジネスホンを取り扱っています。トップページ上部にある「これが噂の1円ビジネスホン」という大きな文字が目に入ると思います。取引社数が11万社というのも驚きの実績ではないでしょうか。東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、名古屋、福岡などの中心都市はもちろんのこと、全国展開していることにより契約数がどんどん伸びているのだそうです。

トップページ中ほどにある「ビジネスホンを選ぶ」「回線サービスと手配」」「電話機の工事について」「導入のポイント」をそれぞれクリックすると、さらに詳細な情報が分類されています。中古のビジネスホンを導入して今よりももっと経費を削減したいという企業には役立つコンテンツばかりがそろえられています。

また最安値、店長一押し、人気ナンバー1などの商品ラインナップも紹介されています。オフィスの規模によって適したタイプを選ぶ際にこちらを参考にするといいようです。

ビジネスホンのリースはどんな時に役立つのか

ビジネスホンの購入を考えるとき新品の購入はとても費用が高く、便利とはいえ中々手が出せません。そんな時に導入費用を抑えることのできるリースが便利です。リースなら新品のビジネスホンを月のレンタルといった形で一定の料金を支払うことで使うことができます。中古では新品よりも性能が落ちますし、故障のリスクやメンテナンスなどに余計な費用をかけることになります。

ビジネスホンをリースするときのメリットとしては、初期導入費用を抑えることができるというだけではなく、固定資産税を支払わなくてもいい、損金として扱われるため節税になるといった税金対策として役立ちます。利益を上げるほど税金というものが大きな負担になりますが、節税のためにリースを利用する企業はたくさんあります。

ビジネスホンを利用するとき、メリットがどうしても目につきますが当然デメリットもあります。契約の途中解除ができない、初期費用が掛からなくても契約金自体は購入よりも高くなるといったことです。

ビジネスホンの導入には様々なメリットとデメリットを理解したうえで、会社に一番いい方法を選択してみないといけません。リースのメリットとデメリットを比べてみて、本当に利用する意味があるのかを考えてから使ってみてください。