ビジネスホンのリースはどんな時に役立つのか

ビジネスホンの購入を考えるとき新品の購入はとても費用が高く、便利とはいえ中々手が出せません。そんな時に導入費用を抑えることのできるリースが便利です。リースなら新品のビジネスホンを月のレンタルといった形で一定の料金を支払うことで使うことができます。中古では新品よりも性能が落ちますし、故障のリスクやメンテナンスなどに余計な費用をかけることになります。

ビジネスホンをリースするときのメリットとしては、初期導入費用を抑えることができるというだけではなく、固定資産税を支払わなくてもいい、損金として扱われるため節税になるといった税金対策として役立ちます。利益を上げるほど税金というものが大きな負担になりますが、節税のためにリースを利用する企業はたくさんあります。

ビジネスホンを利用するとき、メリットがどうしても目につきますが当然デメリットもあります。契約の途中解除ができない、初期費用が掛からなくても契約金自体は購入よりも高くなるといったことです。

ビジネスホンの導入には様々なメリットとデメリットを理解したうえで、会社に一番いい方法を選択してみないといけません。リースのメリットとデメリットを比べてみて、本当に利用する意味があるのかを考えてから使ってみてください。

No comment at this moment

Be the first to comment!

Leave a reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>